2017年7月7日金曜日

レーザー切断加工機のリスク。

jr.です

ちょっと警鐘を鳴らしたいことがあります

実は、来年度よりJIS(日本工業規格)の改定があり
建築建材の一部の孔加工は、キリ穴指定を解除し、
レーザーで加工した穴がOKになるというのです。
今頃?と思いましたが、建築関係は結構喜ばれる改定に
なるようです。そして最近、各社レーザー加工機の増設に
踏み切るところが増えてきているような気配です。
来るべき時に備えてということでしょうが、ここで
全くレーザーのことを理解していない会社に、再度
検討して頂くために、レーザー切断加工機のリスクを
お伝えしたいと思います。

レーザー切断加工機は、成程切り口もきれいで精度が
高い製品を切れる機械です。しかしそれは機械メーカ
ーの努力ではなく、機械を扱うオペレーターの努力の
方が大きいのです。レーザー切断加工機の難しいところは
どんな条件の板でもきれいに切れるか、というところ
です。

一つ言わせていただくと、
それは絶対にありえません。

レーザー切断機の特徴として、スケール(黒皮とよばれる
鉄板を覆っている薄い膜)に弱いというところです。スケ
ールにもいろいろあり、ちょっと錆びていたり、湿り気が
あったり、めくれ上がっていたり、板の条件によってさま
ざまあります。これにひっかかるとレーザーで製作した製品は
かなりの粗悪品となります。(引きちぎったような切断面と
精度が悪い製品)そんな板に対処するには、微妙なオペレー
ティングによる加工条件のプログラミングが必要になります。
私の知っている、レーザー加工機を使って30年以上の経験者
は、様々な板に対応するために自分で一つ一つ条件を作って
いったそうです。ゆえに彼が切った製品は、素晴らしく精度
の良いものです。機械メーカーが作った条件はあくまでテスト
ピース何枚かで試して作ったデータであって、実際に製品製作
に使うための板を使って作った条件ではありません。よって
一から条件を作り直して、自社仕様にしていかなければなりま
せん。これはオペレーター努力にもよりますが、できるまでは
3か月から半年はかかるといわれています。

 さらに、レーザー切断機はパレットチェンジという装置を
使い、定尺とよばれる板を10枚のパレットなら10枚のせて
自動的に板を入れ替えて、終日終夜機械を動かしながら切断
することができます。つまり24時間操業が可能になります。
しかしこれにもリスクがあります。レーザーの切断部にはセン
サーがあり、ひっかかると切断を中止します。つまり、10枚
のうち半分以上を切らずに残して止まることもありえます。
今は、オペレーティング監視システムがあり、止まると端末で
知らせてくれる機能があるようですが、結局止まったら人が
見に行って機械を再起動させなければなりません。あまり
賢いやり方ではありませんね。

これまでレーザーを導入した会社は、コスト面でも作業面でも
効率の悪さに辟易したといっているところが多いようです。
確かに薄物、小物の対応には威力を発揮するかもしれませんが
レーザーコストを含めた単価設定が果たしてできるのか、疑問
です。多くの場合、ガス切断やプラズマ切断と同じ価格で対応
するところが多く、その場合全くコストに見合わない製品を作る
ことになりかねません。

ここまで、レーザー切断加工機の導入に警鐘を鳴らしましたが、
決して導入を考え直そうなどということを言っているわけでは
ありません。

レーザー切断加工機を導入するなら、それに見合った単価設定を
すればよいのです。一部の愚かな加工業者の、安価な加工賃設定に
追随すれば必ず痛い目にあいます。また、JISによってレーザー
加工孔が認められたということは、我々加工する側にとってかなり
厳しい将来を迎えることになるでしょう。

それは、孔加工賃の消滅です。


製品製作に含めろという要求が必ずついてきます。
絶対にこれを認めてはいけないと思います。

これが一番の警鐘です。

孔加工賃がなくなれば、コストがまったく合わなくなるどころか
利益も減ってしまいます。我々材料加工屋のピンチです。

絶対に死守しなければなりません!
強く強く主張します!

レーザー切断加工機をご検討の同業他社の方が
このブログを見ることはあまりないと思いますが
もし導入を検討するなら今回私が警鐘を鳴らした
主張を一考に加えて頂けたらと思います。













2017年7月1日土曜日

暑く、熱く。

jr.です

忙しい日々が続いております。
なかなかブログも更新できず、でした
短期間の納期でこなさなければならない仕事が多くあり
なかなか難しい日々です
楽な仕事はございません
仕事もこれから佳境になってくるので
従業員には頑張ってもらわないといけません
得意先様の要求は、日々厳しいものです
納期だけではなく、製品の品質管理も厳しい目が光ります
弊社もだんだん仕事に雑さが表れているように思います
短納期をこなさないといけないので
品質がおろそかになっていないだろうか、という懸念が
ちょっとあります

お得意先様との話でも、短納期にはリスクがあるという話
をさせて頂いております

人手の問題。機械の問題。利益の問題。。
日々頭の痛いことが多く、課題は山積です

利益を確保するためには、現状では先細りになることは
目に見えているので
これから1年1年はどうやって利益をあげていくかを
真剣に考えないといけません

機械を新たに導入して
人件費をおさえ
仕事の特異性を考えるか

現状の機械を減らして
人を減らして
御得意先の仕事を限定するか

整理縮小しながら
同業他社とM&Aするか

将来を見据えて
製造業自体をを見直すか

選択肢はたくさんあります

仕事がある今の時期に
先々のことを考えておくことは
非常に大事だと思います

常々思うのは
溶断業界全体で
その価値を高める努力をしていかなければ
この業種は廃れていくと思います
だからもっと
この業種について同業他社の若手と勉強して
価値を上げていきたい
そう思います













2017年5月2日火曜日

迫りくる重圧に、日々苦慮しながら。。

jr.です

GWに世の中入っていまして、動きは何もないですが、会社はそれでも営業していますので、仕事をこなしております。世間を見ますと、どうもきな臭い話ばかりが目立っています。経済を柱にこれまで安定政権を維持し続けている現政権ですが、だんだんまた元のデフレに戻ってきつつあります。どこを見ても値下げ値下げ。。我々の業界のみが、値上げを唱え続けておりますが、現状そこまで強くは言えないほど仕事も閑散としつつあり、奪い合いの様相を呈してきました。「奪い合い」は、実際値段が上がらない現状を表しており、現政権が掲げたナンチャラミクスは、絵に描いた餅になるのではないかと危惧しています。
 
 第2工場が稼働し始めて2か月がたちますが、ショット機が手近にある優位性を改めて感じる日々です。格段にスピーディーになりました。非常に可能性のある第2工場だと思うので、これから先どういう風に変えていくかを考えるのが楽しみです。いずれ、簡単な製缶などができれば、御得意先のニーズにもっと答えることができるだろうと思いますので、来年以降また模索して行ければなと思います。現行はやはり2次加工の工程をいかにスムーズにするかが問題なので、第2工場をうまく生かせればと思っています。
 
 将来のことに思いをはせながらも、現状の仕事状況を何とか向上させるために、日々奔走している毎日ですが、徐々に仕入れのほうやお金のことも頭に入れていかなければいけないと思っています。前に進む以上避けられないことですので、弊社社長から、また周りからの重圧を受けながら少しずつ理解できればと思います。しかし工場のことも念頭に置きながら、全てにおいて頭をフルに使わなければなりませんので、日々苦慮しております。いずれはすべてを任されていく立場ですので、ふるい落とされないように両足を踏ん張って事に当たれるように頑張りたいですね。

 さて、明日から弊社もGW休暇です。明けにはフルで働いていけるような仕事がたくさん入ることを祈って(笑)、ゆっくりと従業員は休んでもらいたいと思います。

2017年3月15日水曜日

創立29年、更なる技術向上、スピーディさを求めて。

jr.です

この3月10日で、日鋼スチールは29年目を迎えました。
ひとえに、この小さな鋼材加工会社を続けていくことが出来ているのは、支え続けてくださる御得意先様、仕入先様のおかげであります。有難うございます。
 さて、先のブログでもお伝えいたしましたが、長らく社長の故郷にて行っておりましたブラストショット加工(鋼板に付いている黒皮と呼ばれる保護膜を細かな鋼球によって表面に打ち付け、剥がす処理)を、今年1月に新たに取得した第2工場にこの3月移設し稼働をスタート致しました。これまで移動に片道40分以上かかっていたのですが、第2工場は本社工場から3分ほどの場所になり、横持にかかる時間を大幅に短縮することができます。今後本社工場にあるドリルマシーンも移設し、2次加工を集約させることにより手狭になった本社工場の材料保管場所を確保し、穴明からショット加工までをスピーディーに行うことができるようになります。先の話になりますが、まだ第2工場は発展可能な場所であるので、ガス開先加工なども行えるように整備できればと思います。2次加工の割合がだんだんと増えていっている業界全体の流れに取り残されないように、今後も発展できればと思っています。
 
 設備もさることながら、新たな人材への技術向上を積極的に行えればと思います。製造業界は、年々人材が枯渇している状況にあります。いかに製造業が魅力的なものかを、業界全体が努力し、若い世代に積極的にアピールしていかなければならないと思います。そのためには弊社もそんなに社会貢献できるほどの余裕もありませんが、魅力的な職場環境を提供できるように社内システムの見直しや、技術研究を、創立30周年を機に行えるように、これから計画していければと考えています。弊社だけで行うのではなく、業界全体がもっと横のつながりを強くして、共に発展できるように、協力できるところは連帯しながらやっていければと思います。他社からのアプローチは拒まずに積極的に受け入れていく所存です。すでに自社だけが発展していくことを望む時代は古い考えです。それだけ、この業界が時代に取り残されずに残っていけるかどうかという危機感を持たなければならないと思います。「旦那さん」商売と呼ばれた鋼材業を、もっとチャレンジできる業界に変えていかなければならない。そのためには積極的にいろいろな業種いろいろな分野に目を向けて、協調出来るような環境づくりをしていかなければだめだと思います。時代の流れの速さに対応できる技術向上、スピーディーな対応を目指して、もっともっと努力していく所存です。

 

2017年2月2日木曜日

様々に変化する中で。

jr.です。

 昨日ですが、御得意先様が新たに建築された工場にお邪魔してきました。建築途中から、ご厚意で見学させて頂いていたのですが、やはり出来上がりをみると素晴らしくて自分の会社の工場ではないのに、すごく嬉しくて感動してしまいました。御得意先の社長と専務はご兄弟で、先々代の社長は不慮の事故で50代の若さでお亡くなりになっており、お二人はまだ学生のころだったそうなので、先代社長のお母様共々ご苦労をされて、ご家族で頑張ってこられました。お仕事の内容に伴って、以前の本社工場では能力過剰で、この度新たに工場を新設されたのです。素晴らしい工場です。社長と専務が設計段階から考えられて作られた工場なので所々に能率の上がる整備をしており、感心しました。案内をして頂いている社長と専務のお顔が実にすがすがしくて、それはこの時代でもあるし大変な決断だったと思いますが、私もすごく嬉しく感じてしまいました。

 今年は建設ラッシュと言われていて、2020年までにという建物が多くあるとニュースで特集されていましたが、実際は人員不足で着工が大幅に遅れている物件も多くあるそうです。いかに人手をかけず堅実に仕事をしていくかが求められています。様々な事情の変化に対応できるように、リスクをおかしてでも今整備することは大事なのかもしれません。新工場を立ち上げられた御得意先様ですが、タイミング的にはまさに絶好だったのではないかと思いました。そして、弊社でもこの春2次加工の集約のために、第2工場の整備を計画中です。なかなか先が見えない中でも、お客様のニーズに素早くこたえられるように整備していくことが、継続していく企業としての役目だと思います。リスクも考えながら、徐々に様々な変化に対応できるようにこれからも時代を重視しながら動ければいいかなと思います。

2017年1月18日水曜日

2017年、29年目から30年目に向けて。

jr.です

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

 日鋼スチールは、本年で創立29年目に突入します。「企業は30年で一人前」と言われる年まで、あと1年となりました。「継続、存続することが企業の使命」と常々弊社社長から言われていることですが、本当に私も入社して今年6月で9年目となるわけですが、日々その言葉の重みを痛感している毎日です。まだまだ修行の身ではありますが、お得意先様によくして頂いて今日の日鋼スチールがあることを常に忘れず、声をかけて頂けることの喜びを感じながら精進しています。

 毎年新年のあいさつ回りをしていると思うことは、いつまで社長と一緒にこうやって挨拶に回ることができるのか、ということですね。さすがにもう何年もこの先一緒に回ることは、年々減ってくると思いますから、毎年これからはこれが最後かも、と思いながら回るのでしょうね。移動時間には、あまり普段会話がないので、いろんな話をします。叱咤されることが多いですが、それも勉強です。
 
 さて、一年一年今年も生き延びたと思いながら積み重ねた29年、来年で30年ですが意識せずに今まで通り、一歩一歩堅実に確実に進んでいけるように、また新たな試みもし続けられるように頑張っていきたいと思います。