2016年4月30日土曜日

小事が大事。意識高い仕事を。

jr.です

常々思うことがあります。これはまあ、自分にも当てはまるところがあるので
戒めていかなければならないなと思うのですが、

「最近たるんでませんか?」。

報・連・相をしっかり!とうたう会社は多かれど、実際出来ていますか?
先日もこれができていないばっかりに二度手間をしたところがあります。常
に自分の会社の状況を把握しておくことが、責任者としては重要なことです。

ところが、最近責任の所在が曖昧すぎるのです。

 仕事内容の変容が、一つにはあるのではないかと思います。請負側と工事
側、お互いが理解して受ける仕事ならば、細かいところまで綿密に打ち合わせ
る必要があります。しかし、馴れ合いになってしまって、あそこにまかせておけ
ばちゃんとするだろうという過信が蔓延しているのではないでしょうか。最近思
うのが、本当に同じ方向を向いて仕事をしなければならない会社同士の関係
が気薄になってきていることです。この気薄な関係こそ、小事ではあるけれど
大事につながると思うのです。

 典型的な事件が起こりましたね。落ちるはずのない、いや落ちてはいけない
建設中の橋が、神戸で落ちました。尊い命が失われました。NEXCOの会見
が、相互理解が全くないことを象徴しています。

「詳しいことはわからない。なぜ橋桁が落ちたのか、状況がわからない」。

 事故というのは、施工主も請け負う側も、工事する側も、すべて責任が
あります。あんな大きな橋桁を工事するのに、しかも組んだ橋桁の上に
下ろす作業という一番慎重にしなければならない仕事に、施工側の現場
責任者も、請負側の責任者も、はたしてその場にいたのでしょうか?いれ
ば原因が何か、連絡を蜜にしていれば、事もなく判明したでしょう。

しかし今だに詳しい原因はわかっていません。

「小事が大事。常に意識をもって仕事に取り組め」というのが、弊社社長の
教えでもあり、私の教訓でもあります。こういう事故、事件があれば必ず工
場の作業員を集めて、弊社は訓示します。私も、本当に戒めていかなけれ
ばならないと、改めて襟を正しています。

 

 



臨時休業のお知らせ。

5月2日(月)は、弊社臨時休業致します。
予めご了承願います。

2016年4月21日木曜日

気持ちが届く仕事を

jr.です

この仕事をやり始めてから、常にお得意先のニーズに応えていけるような
体制を整えて、最高レベルの品質と対応をしてきました。伝わるお客様に
は伝わって、気持ちのいいお取引をさせて頂いています。しかし、そういう
お客様だけではないこともまた、商売をやっていればおられることも然りで
す。

 どんなに無理を言われても、どんなに過酷な条件でも、ずっと続いた信頼
を途切れさせてはならないと対応してきたところが、にべもなく人間的に合
わないとか時代が変わったとか、それまで築きあげてきた信頼をすべて否
定するような言動を言い放たれることがあります。気分的に少し落ち込みま
す。それもまた商売をやっていればしょうがないことです。しかし、気持ちが
相手に届くように、一生懸命仕事をこなしてきて、仕事を見ないままただ時
代の流れやその場の雰囲気で全部否定されるとそれはそれで少し残念で
す。

 私は本当に繊細な人間です。商売には向いてないかもしれません。しか
し、それだけにお客様のニーズに細かいところまで答えていきたいと思って
います。弊社のそういうところを粋に感じていただけるお得意先様はたくさん
あります。その度にそういうお客さんは「ありがとう」という言葉や、言葉には
出さないまでも、敬意を示して下さる。これは本当に仕事をやってよかったと
思う瞬間です。
 
 私はお客様はもちろん、自分がお客の立場でも常に自分の位置を低くする
ようにしています。相手もいろんなものを背負いながら仕事をしているのです。
だから、常に人に対して敬意を持って接することを心がけるようにしています。
そうすると、気持ちがお互いに届く仕事ができると思うのです。それなりの地
位にいけばそれなりの威厳が必要になってくるかもしれませんが、私は「実る
ほど 頭を垂れる 稲穂かな」の気持ちを忘れずに精進しようと思っています。

2016年4月14日木曜日

断捨離の結果とこれから。

jr.です

 個人的なことですが、この度自宅を転居致しました。今までは、自分の実家
のすぐ前にいたのですが、今回転居したのは会社から10分ほどのところにあ
る新興住宅地です。実は、もう5,6年前から転居は考えていて、休みのたび
に入る住宅情報の広告をずっと見続けていたのです。なかなか望みの場所に
は出会えなかったのですが、昨年秋に理想的なところを見つけたので、思い切
って三十数年間いた街から離れることになりました。実家に近かったので、社
長と母親には、孫と離れてしまってさみしい思いをさせてしまう後ろめたさもあ
ったのですが、以前から私自身住んでいた町から出て新しい場所に移動した
い気持ちがあったのと、少し個人的な家族事情もきっかけになって、今回転居
を決意しました。
 
 転居する際、家の中のものを整理したのですが、以前の家には大量の物が
あふれていました。それをいるものといらないものに分ける作業は結構手間が
かかりました。そんなに持っていくものはないだろうと思っていたのですが、荷
物も結構あって、転居の時には体もぐったりするほどでした。整理して思った
のは、人間いかに不必要なものに囲まれているか、でした。断捨離して今の
ところあれがなくて困った、というものはまずないです。ただ、大量に出た粗大
ゴミのなかには、売れるものもあったかなとちょっと後悔はあります。(笑)
 
 新しい家では、常に整理整頓しています。最初だけだろうなとは思いますが
できるだけ続けていきたいと思っています。以前の家よりは広さ的にはそんな
にないので、その分いろいろ工夫することが多くあり、今は家でそういうことを
考えるのがとても楽しいです。子供たちも、最初は転居に不安があったものの
今では少しづつ環境の変化を受け入れ始めています。ほんとにこれからなの
ですが、転居して良かったと思えるようにならないといけません。転居にあたり
双方の両親からも力強い援助や協力をしてもらっているので、今の場所を心
から好きになれるようにしていこうと思っています。

 最大の利点は会社からの距離が近くなったこと。危機管理もできるようになり
ますし、なにかあれば休みでも動けるのでもっと仕事に力を注ぐようになれると
思います。何より新しい環境になり、気持ちも強くもって事に当たるようになれ
ればと思います。