2015年6月12日金曜日

日本の首都の光と影。

東京スカイツリー
jr.です

先日、2年ぶりに会社旅行でした。今回は、世界遺産となった富士山・河口湖周辺と東京への旅行でしたが、富士山はあいにくの景色になりましたが、リラックスできました。東京には、浅草見物や、東京スカイツリーにいきましたが、人が多くて結構疲れました。どこも共通するのが、外国人観光客の多さでした。ほんの数年前までは、日本人の旅行客がほとんどだったと思いますが、富士山の忍野八海では、日本人を探すのが大変なぐらいでした。。それだけ、世界の人々が、日本という国に魅力を感じ、国際化がずいぶん溶け込み始めてきたということなのでしょうが、日本人の私からすれば、どうしても違和感がぬぐえないので、これも体に染み渡っている島国根性なのかもしれません。

 富士山はあいにくで、あまり今回の旅では印象が残らなかったのですが、東京はかなりのインパクトを与えてくれました。大学時代は、東京に住んでいたので感じませんでしたが、何年ぶりかにみる東京はやはりすごいところでした。簡単に言えば、街の中に穴が無いというか、欠点をみつけようがないほどすべてが一級、建物、店舗、インフラすべてのクオリティが一番。華やかさと静寂、崇高な風景。。田舎にいては感じられないものです。しかし、それでいて人々の意識は、やはり希薄さを感じました。どこかみんな孤独で、自分の世界に生きているような感じ。街を見ると、そう感じるような光景が広がっていました。

 20年ぶりに大学の友人との再会を果たして、夜遅くにホテルへ戻る道すがら、地下道を通ると、信じられないくらいの闇が広がっていました。20人ではきかないくらいのホームレスの人々。そこの間を平然と過ぎ去る人々の波。ここは日本なのかと思ってしまいました。あと数年後に東京オリンピックがあるという現実の中、この寂れてしまった光景を、世界の人に見せることになると思うと、ちょっと引いてしまいました。冷たい現実が、そこには広がっていました。まだまだ、日本は大丈夫、そう思っている人は多いかもしれませんが、意外にじわりと厳しい現実に近づいているのかもしれないと感じます。日本の中心は間違いなく東京です。中心の光と影は、やがて迎える日本の
光と影の縮図なのではないかと思いました。

 旅行から帰り、現在の社内はさらに活気が出てきました。2年に1回しかできない会社の旅行が、従業員全員のモチベーションをあげてくれています。ずっと続けられるように頑張ります。

忍野八海から富士山を望む





 

2015年6月2日火曜日

人材。

jr.です

職に就くということ、社会に携わることの意味を理解している方
はどれくらいいるのでしょうか?本気で職を探している方に対し
て、不利になるような斡旋の仕方は、ますます公共職業安定所
の品位を下げてしまうことになると思うのですが。

通常よくあることで、取り立てていうことでもないのでしょうが、疑
問を感じずにはいられないので、言わせていただきたいことがあ
ります。それは、斡旋先に前もって採用に必要な資料(職歴書や
履歴書等)を送らせてもらうと断っておきながら、その書類が届か
ないということです。これは、本人の意思によるものなのでしょう
が、斡旋責任として公共職業安定所はその方に対して指導をき
っちり行う義務はないのでしょうか?

 本気で職を探して、公共職業安定所を利用する方が多いと思
いますが、社会一般の常識として、決められたことは必ず実行
するという、基本的な部分がきっちりできなければ、職業に就く
ことなどできないと思います。弊社は、小さな零細企業ではあり
ますが、そんな曖昧なことをする人を雇おうとは思いません。
人材が不足している現状、より好みしていては人材など集まら
ないということが叫ばれていますが、職に就くことは、社会的な
活動を行うことと直結します。その企業の名前を背負って生きる
ということなのです。いい加減な人を、簡単に雇っていい加減な
イメージがついてしまえば、企業の存続にも影響してくるのです。

公共職業安定所からの紹介で、これで2度目の書類不送付に
なりました。巷では、「ハローワーク(公共職業安定所)からの
斡旋者は信用できないよ」という声をよく聞きます。悲しいこと
ですが、こういうことが続いてしまうと、その声はやはり正しい
のかもしれないと、思わざるを得ません。弊社も現状、喉から
手が出るほど、拙速に人材を探しています。その手段の重要
な一つである公共職業安定所、襟を正して、もう一度考えて
欲しいと願うばかりです。