2014年8月23日土曜日

「平成25年度補正中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業(通称:ものづくり補助金)」に。

Jr.です

今年春に申請した、 「平成25年度補正中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業(通称:ものづくり補助金)」1次公募2次募集ですが、残念ながら不採用になってしまいました。本来ならば、きっちりとサポートを受けて提出した書類だったので、気持ちがなえてしまうところでしたが、悔いる部分もあったので、懲りずに(笑)2次公募に申請をしました。


本当にこれがラストチャンスです。なんとか採用されて、新たな設備投資につながればいいかと思います。                                     

2014年8月22日金曜日

話すことが得意ではないので、私の意見をまとめました。

jr.です

うちの社長は、昔取った杵柄のような話をよくします。いい時代だし、仕事
がわんさかあった頃の話を聞くたびに目が輝きます。そして、やっぱり「縁」
というのは大事だな、とよく思います。人とのつながりを大事に、信頼ベース
で仕事する、言いたいことは言い合うみたいな、そんな御得意先とのつなが
りはまさに、社長が時間をかけて作った賜物です。
 同じように、私もそんなつながりを作っていきたい、本当にかゆいところに
手が届くような会社でありたいなと、日々若輩ながら努力を続けています。
そういう私の行動を理解し、支えてくれている従業員にはいつも頭が上がり
ません。
 
 しかし、残念ながら社長のように築こうとしている私の行動を、ほかならぬ
社長が、自分の築いたものの中に組み込むことを拒んでいるような感じです。
 
 気持ちは理解できます。せっかく築いたものの中に、それ以外の何かを入
れることで、築いた信頼を失うことになったら、自分が今までこつこつと積み
上げてきた物を失いかねない。私も同じ行動をするかもしれません。しかし
築いたものは、必ず徐々に時代の変化とともに人も変わり、考え方も変わっ
ていき、やがて小さくなる可能性があるのです。新しいものを受け入れていく
ことは、自分の築き上げてきた50年以上のキャリアがある社長にとって、本
当に難しいことなのかもしれません。
 しかし、そういう時代の変化にともなう仕事の営業スタイルの変化、市場の
構図は会社をやっていくうえで受け入れていかなければならないと私は思い
ます。
 
 確かに根本は変わらないかもしれません。しかし、培ったキャリアをうまく生
かすには、自分が未熟だと感じる今の営業スタイルも受け入れていかねば、
いつまで経っても前には進まないと思います。

「前に進む必要はない。今までのスタイルを変えてまで会社をやっていく必要
はない」

というのなら、私は何のためにこの会社で働くのでしょうか?ただ、社長の言
いなりになって仕事をこなす、秘書でいいのでしょうか?それだったら、会社
を引き継ぐことも考えないといけないなと思います。まだまだ、製造業の可能
性はあると私は思います。昔の古き良き時代を懐かしむ余裕を、私もこの先
何年かこの業界で働いているうちに感じたいです。

2014年8月12日火曜日

夏季休業のお知らせ。

jr.です。

夏季休業は8月13日から17日となっております。
宜しくお願い致します。