2013年4月19日金曜日

景色が変わるのは来月か?

jr.です。

 相変わらずの景気です。短納期に追われ、バタバタしています。仕事があるだけ幸せ、と言われますが、しぼんだ果実をいくら口にしても満たされることはありません。効率がよく、収益も見込まれる仕事が増えてきてこそ、ほんとうの景気回復になるのではと思います。

 依然として巷の業者は、手持ち不ささを訴えます。昨年の秋口に予算取りした物件が今ごろになって動いていると聞きます。明らかに材料価格の上昇が影響をうけているのでしょう。5月になればさらなる上昇が見込まれます。よって、この月末から5月中頃になれば景色が変わりそうな感じはします。儲かるか儲からないかは別として、仕事が確実に増えていくことは明白な情勢です。

 それだけに、今度は泣かされてきた側の方が、積極的に仕事を選ぶことが出来るようになってくれば、本格的な景気回復になるでしょう。そうなるまでもなく、巷の値上げムードが高まれば鉄も追随していかなければならないと思います。

 さて、全く話は変わりますが弊社社長も妻も、運転手も、このところの気温の変化に体調を崩しています。軽い風邪ではなく結構しつこい風邪なので、体調管理には十分注意しましょう。私ははやく、花粉症が治ることを願ってやみません。(笑)

2013年4月11日木曜日

アベノミクス効果は。。

jr.です。

先日のブログにて、代表取締役就任と言いましたが、エイプリルフールの嘘でございます。。念のため。^^;(まあ、後のコメントを見ればわかるのですが。。一応)若輩者なので、まだまだ無鉄砲にやらせて頂きたいと思っています。

 さて、ちまたではアベノミクス効果が叫ばれて、雰囲気はいい感じになっている錯覚を起こしているようですが、足元の景気はまだまだ浮揚の兆しはありません。特に製造業はひどいです。どの分野の産業も沈滞しており、わずかに建築が復活の兆しを見せているだけとなっています。それも、消費税増税への懸念から、駆け込み需要とも言われており、いつまで続くかわかりません。
 先日、同業他社の社長とお話しをさせて頂いて、「どういう分野がいいでしょうねこれから?」と、問うた時、「株やな。株買え株」と言われました。(笑)ほんとうに投機筋のここ最近の好調はバブルのようです。円も80円を切るかといわれた時代が嘘のように、間もなく100円の大台を迎えるところまできています。株価も一時期8000円台だったのが今は1万3000円台になりつつあります。

 しかし、実態経済は危機的状況です。待ったなしなのは仕事の受注量と単価上昇です。メーカーが努力して値上げしていくのはいいですが、ユーザーになると別です。加工賃に反映なければなりませんがなかなか一気にポンとはあげられないのが実情です。 5月からは各社一斉に値上げに踏み切るといわれていますが、はたしてどうなるのかが気になります。

2013年4月1日月曜日

ここ数日間のドタバタを乗り越えて。。エイプリルフール。

jr.です。

 HPでお話しした通り、パイプ切断装置の導入を断念しました。私の見通しが甘かったといわれればそのとおりなのですが、メーカー側も、絶対にしてはいけないような事をしてしまった点において、非常に強い不信感と憤りを感じないではいられませんでした。電気工事等設置にかかった費用もそうですが、メーカー側がオペレーションして失敗した物品もあり、損額は大きいです。しかし、それでも撤去、返却に踏み切ったのは、メーカー側があまりにもずさんだったからです。今まで導入してから返品に至ったケースは弊社ではありません。関係各所の方々に導入までの間、宣伝してきた経緯もあり、多大なるご迷惑をおかけしてしまうことが残念でなりませんが、こんなことでへこたれるわけにはいかないので、さらなる加工分野の構築をしていきたいと思っています。まだまだあきらめません。

 こんな経緯もあり、まだまだ未熟な私ですが、4月1日にて代表取締役を引き継ぐことになりました。本当になっていいものかどうか分かりませんが、精一杯務めさせていただきますので、御指導御鞭撻宜しくお願い致します。



ま、いつかはね、というフィクションです。(笑)


と、いう、エイプリルフールです。。(笑)

まだまだ弊社社長は元気なので、私はその元気な社長の足元で大いに暴れたいと思います^^