2013年2月20日水曜日

先の見えないデフレ脱却。

 jr.です。

 「アベノミクス」による積極的財政金融政策によって、ずいぶん空気が変わったように見えます。ただ、これは空気が変わっているだけで、実質的に景気が回復しているわけではありません。何もかもがこれからなのです。

 インフレターゲット2%の、貨幣増刷政策は実質効果があるのか、疑問視せざるをえません。デフレ脱却のためとはいえ、世の中の空気が賃金上昇傾向にないのです。皆の財布が潤わなければ、何の意味もないのです。政府は積極的に企業に賃金上昇へのアプローチを続けていますが、大企業に対して今の政策では、一部の企業が得をするだけで全企業に反映されるとは思えません。実際、製造業の主を占める自動車関連は円安によって莫大な利益を上げる一方で、傾向として上昇している原料、材料の価格はコスト増を理由に値下げを求めてきています。これでは、下請けで働く中小企業に利益をもたらすことはないでしょう。自分たちだけの業界が潤えばよいという古い考え方は、誰に対しても得をもたらすことはできないと思います。デフレ脱却を唱えるなら、まずこういった大企業の、自社中心、自業界中心の考え方を改め、全体の底上げを求めていかなければならないでしょう。政府は、今まで通り経済団体に対してしか提言するのではなく、産業界すべての企業に対して、デフレ脱却のための建設的な交渉をしなければならないと思います。せっかくの景気回復の機運に水を差さないためにも、2の手、3の手を求めて、もっともっと全体経済の活性化を促す政策をぶち上げてほしいと思います。

2013年2月2日土曜日

迅速対応の弊害。

jr.です。

 ここしばらくで、ガラリと世の中の雰囲気が変わりました。年末に不毛だった民主党政治が終わり、改めて自民党が復活、積極財政出動による景気テコ入れ策が人々の気持ちをまずはほっとさせた感じです。実際の景気は、すぐには効果が出るとは思いませんが、株価は上がり、円高が円安に転じて、お金の面ではすこし動きが出てきた感じです。あとはモノ(仕事)が実際にどんどん出てくるかによります。 インフラ更新の動きで、少し道路関係(橋梁、トンネル等)が出てきそうな気配は出てきました。いずれも民主党の「コンクリートから人へ」という、現実を見ずに浅はかな理想を追いかけた結果、必要不可欠なものまで止めてしまい、国の原動力である製造業をないがしろにして、景気をどん底にしてしまった政策から、「必要なものには積極投資、無駄な投資はしない」という現実味のある政策を打ち出した自民党になってから、またゆっくりと動き始め、ようやく不況という荒波から一息つける準備段階になりました。しかし、まだまやかしの景気回復で、これから先将来に暗い影を残す可能性もある、つまり「最終カード」を政府は切っています。ここで、本当に景気が回復しないと、日本は一気にギリシャのごとく、借金まみれの破綻国家になります。重い増税生活になります。弱者には生きる手立てのない時代になります。そうなる前に、自分たちの手で、この景気を盛り返さないといけません。

 ここんとこ、1月中頃からはずっと残業が続いています。特急対応による弊害です。コストがずいぶん上がっています。仕事を頂けることはありがたいことですが、仕事が少ないとどうしても無理な対応をせざるをえなくなります。ある程度の仕事量を確保したら、すでにもういっぱいだからできないとも、今の時代はなかなか言えなくなっています。政府にはまず、仕事環境の改善を是正することや、大手企業に対しては積極的に国内企業に対する仕事の提供を促す税制の改正をして頂きたい。仕事に見やった単価を頂けないことほど、むなしいことはありません。製造業を志す若者をふやすには、中小企業に対する規制緩和も重要です。

 「旨みがなければだれも食しない時代」です。安倍さんには大いに期待しています!