2012年8月29日水曜日

仕事の減少。。

jr.です。

8月に入りました。決算月の翌月、新しい一年の始まりです。が、早々につまづいています。この数カ月で、一番の空きです。のっけから厳しい年度初めになりました。
 ここ数か月好調だった、建機関係のほうも中国の不況に伴い減少となりました。軒並みこの業界は、建機部品によって引っ張られていた感があるので、ここが落ちると総崩れ状態です。建屋関連は、耐震補強などの需要増になり、なんとか仕事は出てくる感じがしますが、この月は本当に完全な開店休業状態に陥っています。こういうときこそ、新規への営業活動を活発にして、新しい顧客の開拓をするべきなのでしょうが、すぐに結果はでないし、取引できることになっても与信問題がでてきます。通常の取引先の仕事が回復するのを待つしかないか、御無沙汰な会社を営業するかです。とにかく電話をかけたり、メールしたりで何とか種をまいていますが、なかなか芽は出ていないのが現状です。

 聞くところによると、またダンピング合戦になっているようで、ほんとにこの業界は自分で自分の首を絞める業界だなと、つくづく思います。いったん価格を下げると上げるのには倍の時間がかかります。とにかく回していかなければならない会社では、そうしないと生き残れない、まさにサバイバルになっています。関西ではもう目立った案件は、合理化を進める自治体などにより出てこないでしょう。翻って、関東にはまだ需要があるようです。運賃等の問題もありますが、仕事のあるところあるところを重点的に営業活動していかないといけないと思います。