2012年5月8日火曜日

高速バス事故にみる価格至上主義の限界と進む意識の貧弱。

jr.です。

仕事上うちにとっては少し残念なニュースがありました。前を向いていかなければならないのですが、やはり仕事の形態が過去とは比べようがないほど変わってきているということをひしひしと感じる出来事でした。背景には、どんどん下がり続ける加工賃にあります。これまで鉱工業にはあまり馴染みがなかった、価格至上主義が浸透しているのです。需要側はとにかく安ければいい、供給側はどんなに安くても仕事をとれという、とにかく低価格を中心に仕事を行い始めたのです。先の見えない低価格主義は、安全、安心、丁寧という仕事をも揺るがす深刻な事態を招いていることに、私たちは気づいていないのです。連日報道されている、高速バス会社の価格競争が招いた事故。安全は先送りされて、とにかく低価格を補う強引な運行実態による事故は、結局会社に大打撃をこうむっています。これは異業種の問題ではなく、どの業界にとってもあてはまることなのです。目立たない、細かな事故やミスは例年増えてきています。デフレが招いてしまった謙虚さ、緻密さ、正確さ、をモットーとした日本の経済活動の変化は、着実に深刻な事態を招いています。特にまだ目立ちませんが、いずれ数十年後には、現在安価で進められている各大型プロジェクト物件に、問題が生じる事態が起こるのではないかとも予測されます。それをわかっていながら仕事をしている私たちの意識の貧弱さは、低価格の波とともにますます進んでいっています。

正しい知識のもと、正当な評価、正当な価格に戻すということは、私たちの生活を正常化させる、成長させる、豊かにさせるということです。ちょっとみんなの意識を変えれば、明日からの仕事に劇的な変化をもたらすでしょう。しかしまったくの無知による不当な評価、不当な価格を推進していけば、我々の生活も低度化していくし、見る目も貧弱になっていくということだと思います。貧弱になればリスクを生じさせ、それにかかる費用も倍になっていき、結局は豊かになることはできないのです。みんなそれを承知で、価格至上主義に走る。バブルのころの教訓を忘れて、また泥沼へ足を突っ込んでいっているのです。

「そんなこと言われなくてもわかってるよ、だったら国に言えよ」

と、国のせいにしてしまえばすむのでしょうか?私たち一人一人の意識を少し変えれば済むことまで、国に託すのでしょうか?それでは民主主義をやめて国家主義になればいい。

 一人がよければすべてよし、という時代ではない


のです。みんなが同じ方向を向いていかないと、この国はこの先も豊かになることはないでしょう。安価で売って楽しいですか?安価で仕事とって嬉しいですか?私は全く嬉しくないです。楽しくないです。生きることに一生懸命です。夢も希望もあまりありません。ただ従業員も含めて、家族が幸せに暮らしていけるだけの商売をしていくことを第一に、仕事しているだけです。それは本当に楽しいことでしょうか?幸せなことなのでしょうか?

毎日毎日、自問自答しています。皆さんはどうでしょうか?