2011年4月16日土曜日

そんなことはありません。

 jr.です。

 仕事のことを書かなくなったので、このブログを見た何人かの方から、「仕事、だいぶんよくなってきたんじゃない?」とか、「景気ええの?」とか言われていますが、そんなことはございません。そんなに単純に忙しくなるなら楽ですが、震災からむしろ少し雲行きは怪しくなってきています。材料高による単価の見直しを行っていますが、完全に浸透するには秋口までかかりそうなかんじです。それでも、仕事があればこそなので、どうなるのかまったく先は読めません。
 おかげさまでブログを始めて、いろんな方々にいろんな感想を頂いたりしております。なるべく、自社の事を知って頂きたいという気持ちはあるのですが、いろんな事情もありそんなに自社のことを書けないのが実情です。なので、業界全体の仕事の状況とか、それによる自社の立場なり状況を伝える場として、このブログを利用しています。もちろん時事ネタもたまには書きますが。^^;
 毎日それでもなんとか仕事がやれるというのは幸せなことです。地震ですべてを失った方々のことを考えると、特に強くそれを感じます。明日の事は誰にもわからない、だから毎日をただ無事に、平穏に生きていられる幸せを感じながら、仕事をする。それが一番ですね。

2011年4月2日土曜日

死亡事故。ご安全に!

 jr.です。

 
同業他社の工場内で、クレーン作業中の死亡事故があり、朝から訓示です。こういうときこそ、人の振り見てわがふり直せです。確かにライバル企業ではありますが、ざまあみろと言っている場合ではなく、これは本当に注意しなければいけません。なぜなら、この業界不思議と事故が続く事が多いのです。そこは、2度目の死亡事故なので、行政処分は免れない可能性があります。本当に気をつけないと、明日は我が身です。。
 商売上、鉄鋼材を扱うのでどうしてもクレーン使用の際、雑なつり上げ方だと事故につながりやすいので、常日頃より口を酸っぱくするほど注意喚起しています。おかげで、うちの会社では大きな事故は起きていません。
 しかし、この前書類送検のもろもろの手続きがおわったのに、また同じ事故を起こすのは、他社とは言え言わせてもらうと、管理責任者に問題があると言わざるを得ません。普通そういう大きな事故が起こると、注意するものですが、まったく前回の事故が教訓になっていない証拠です。死亡した従業員の家族の人生をも大きく変えることになる出来事なので、管理責任者は深く反省するべきでしょう。

 ご安全に!