2010年11月27日土曜日

残された人生。

 jr.です。

 先日叔父が亡くなりました。非常に存在が大きい人でしたので、今でもまだ亡くなったことが信じられません。自身に子供がいなかったせいもあり、私と姉を自分の子のように思い、優しく接してくれました。社長にとっても実兄であり、この世界に入るときに唯一就職を喜び祝ってくれた人でもあるので、大変大きな精神的支えを失ったことになります。身内だけの、ささやかではありましたが通夜、告別で叔父も幸せな気持ちで旅立ってくれたと思います。
 身内の死というのは、いつも人生という時間を考える契機でもあります。私は正直、今でも生きること死ぬことというのは怖いことだと感じています。自分自身の存在がいつかはなくなるという不安を、人の死を前にすると恐怖感でいっぱいになります。が、逆に生き続けることへの恐怖も同時に感じてしまいます。人は死を前にすると、一体どういうことを考えるのでしょうか。その時を迎えなければきっとわからないのだろうでしょうが、家族を背負うと余計に恐怖感が倍増したのは、家族を持つ方には理解して下さるだろうと思います。
 病気、事故等なければ私もあと50年ちょいは生きることになるのでしょうか。叔父にとって人生はどういうものだったのか、今は聞くことはできませんが、残された人生の時間の中でその答えを見つけていきたいと思います。そんな中mixiというSNSにてこんな記事がありました。転載いたしますので読んでみて下さい。

※【時間銀行のお話】


次のような銀行があると、考えてみましょう。


その銀行は、毎朝あなたの口座へ86,400ドルを振り込んでくれます。同時に、その口座の残高は毎日ゼロになります。

つまり、 86,400ドルの中で、あなたがその日に使い切らなかった金額は、すべて消されてしまいます。

あなただったらどうしますか。もちろん、毎日86,400 ドル全額を引き出しますよね。

僕たちは一人一人が同じような銀行を持っています。


それは時間です。


毎朝、あなたに86,400秒が与えられます。毎晩、あなたが上手く使い切らなかった時間は消されてしまいます。

それは、翌日に繰り越されません。それは貸し越しできません。


毎日、あなたの為に新しい口座が開かれます。そして、毎晩、その日の残りは燃やされてしまいます。もし、あなたがその日の預金を全て使い切らなければ、あなたはそれを失ったことになります。


過去にさかのぼることはできません。あなたは今日与えられた預金のなかから今を生きないといけません。


だから、与えられた時間に最大限の投資をしましょう。そして、そこから健康、幸せ、成功のために最大の物を引き出しましょう。時計の針は走り続けてます。今日という日に最大限の物を作り出しましょう。


1年の価値を理解するには、落第した学生に聞いてみるといいでしょう。1ヶ月の価値を理解するには、未熟児を産んだ母親に聞いてみるといいでしょう。


1週間の価値を理解するには、週刊誌の編集者に聞いてみるといいでしょう。1時間の価値を理解するには、待ち合わせをしている恋人たちに聞いてみるといいでしょう。


1分の価値を理解するには、電車をちょうど乗り過ごした人に聞いてみるといいでしょう。1秒の価値を理解するには、たった今、事故を避けることができた人に聞いてみるといいでしょう。


10分の1の価値を理解するためには、オリンピックで銀メダルに終わってしまった人に聞いてみるといいでしょう。


だから、あなたの持っている一瞬一瞬を大切にしましょう。そして、あなたはその時を誰か特別な人と過ごしているのだから、十分に大切にしましょう。その人は、あなたの時間を使うのに十分ふさわしい人でしょうから。


そして、時は誰も待ってくれないことを覚えましょう。昨日は、もう過ぎ去ってしまいました。明日は、まだわからないのです。今日は与えられるものです。


だから、「英語では今をプレゼント(=present)」と言います。


※mixiにて掲載されたものを転載しています。





2010年11月22日月曜日

うちの姉。

 jr.です。

 ここ数カ月、ある勉強をしてました。日曜日試験だったのですが、おそらく駄目だと思います。(笑)勉強するのも何年かぶりで、基本勉強が嫌いな人なので無茶と言えば無茶でしたが、自分なりにも考えた上でのことだったので、ある意味前に踏み出したような気がして、自分では満足しています。今回は挑戦するという目的は達成されたので、次回は確実に取得を目指して頑張ってみるつもりです。
 
 私の身近に、いつまでも挑戦、取得していく人がいます。姉なのですが、難関と言われる資格試験を、あくなき挑戦と強い好奇心によって突破していってます。この前も社会保険労務士という資格試験で、合格率9%という超難関を驚異的な点数で突破しました。それまでに2回駄目だったのですが、たいてい2回も失敗するといつもくじけていたのに、今回はかなり強い気持ちで臨んでいたようです。いつも彼女に言っているのですが、彼女は人並み外れた集中力と勝負勘をもっていて、負け続けるじゃんけんをしない、「人生バクチ」的なところがあります。(5勝5敗ではなく7勝3敗くらいでしょうか?)その分、周りはいつも振り回されていますが、なぜか誰も彼女のそんなところを責めないし、咎めないのです。結婚はしていますが、他に女性としての幸せもきっとあるのに、(弟としてはいつもそっちを願っているのですが^^;)逆、逆にシフトしていくので半ばあきらめている気持ちもあるのでしょうが、彼女の友人や知人から話をきくと「自分にできないことを彼女はしているから応援したくなる」そうで、ひょっとすると私も家族も、そういう気持ちがあるのかもしれないです。特に私は彼女がうらやましく思うことがあります。子供のころから人気者で、たくさんの友人に囲まれていたし、勉強好きなところ、好奇心旺盛なところ、自分にはやはりないものをもっているから、姉弟としては誇りに思うし尊敬もしています。正直悔しさもありますけどね^^;
 
 「姉ちゃんが男だったらよかったのに」と社長はよくいいます。私もそう思う時があります。自分は引っ込み思案で、姉は積極的です。ぜったい経営者には向いているでしょう。でも彼女にはそこにとどまり続けない器のでかさを感じます。ちょっとはごちゃごちゃせずに、前を向いて大きく一歩を踏み出す、また踏み出せる環境にあるので、自分の可能性を信じて突き進んでほしいです。いろいろすることはいいのですが、そろそろ何か一つのことに決めていってほしいというのが、弟としての本音でしょうか。。まあ、自分はどうかというと、まだまだ半人前のヒラ常務ですけど。(笑)

 
 
 

 

2010年11月9日火曜日

納期だけじゃない。

  jr.です。

 左はガス切断機で切断したPL25の切板です。あまりに見事に切れていたので写真とりました。工場長の技術力には脱帽です。

 納期厳守や低価格ももちろん御客様にとっては魅力かもしれませんが、正確に切れるかということも大事だし、製品として気持ちよく納入できるものというのは、やはりこの仕事をやっていて一番満足できる瞬間です。

 しかし、この前あるところで言われたのは、きれいな製品でなくても安くて納期の早いものなら少々汚い製品でも我慢する、と。では、そういうことをいわれて加工する側はモチベーションが上がるでしょうか?加工する人間にとって、これほど屈辱的なことをいわれることはないでしょう。極端にいえば傷があって少々汚れているリンゴでも安くて食べられれば良いということと同じなのです。生産者は丹精込めて育てたピカピカのリンゴのほうをおいしく食べてもらう方がいいに決まっています。我々も同じで、きれいな傷のない、ガタガタじゃなくまっすぐ切断した製品を御客様に提供することが、一番の喜びです。いいものは決して契約されたものだけではない、もう一つ上のものがあるもの、つまり顧客がプラスアルファされたものに本当に喜んでくれ満足してもらうものこそ、いいものであり、加工者は高いモチベーションで仕事が出来ると思うのです。
 急ぎすぎて、みんなゆっくりいい物を見る機会を失ってきているのではないでしょうか。少し立ち止まって、じっくりいいものを見ることも大事だと思います。写真の製品を見て、そんなことを思った日でした。。