2009年9月26日土曜日

ここにきての。。

 jr.です。

 ここにきて、景気の2番底と言われる事態に突入してきました。
我が社も他社と同じく、とうとう仕事の谷間にぶつかってしまいま
した。ただ、チャンスがきたと私は思っています。気兼ねなく営業
活動できるチャンスだと。
 ただ仕事をとりにいくというだけでなく、人間的な幅を身につけ
たいので、営業先ではいろいろなお話をお聞きして、自分への
糧にしたいと思っています。ひょっとしたらこのブログも見て頂け
ているかもしれないので、もしお伺いすることがありましたら忌憚
なくいろいろお話をしていただきたいと思います。どうか宜しくお願
い致します。もちろん、いい仕事も致しますので。

 ちょっと仕事の間があくので、こういうときは工場の作業員の事故
には注意したいものです。


 

2009年9月16日水曜日

一歩も二歩も。。

  jr.です。

  先日、会社の後継者育成のセミナー合宿があり参加してきました。
さまざまな業種の、俗にいう後継者と呼ばれる人たちが来ていました。
セミナーでは、経営学の講師による講演や実際の経営者の講演など
があり、正直言って「地獄」のような内容の2日間でした。しかし、その
中でも参考にすべきところはあって、勉強になったこともありました。
(あとは実践できるかですが。。)
 2日間で、しかしいろいろな業種の方と知り合えたことも、自分にと
っていい点ではありました。でも、共通していたのは全員私よりも一
歩も二歩も進んでいること。考え方もそうだし、仕事にしてもそう。
逆に焦りを感じました。今の立場になってまだ1年ですが、人の2年
分は進まないといけないと言われているので、かなりプレッシャー
があります。意識を変える意味でこのセミナーは自分にいいきっかけ
を与えてくれたのかもしれません。
 
 本当に、毎日が勉強です。

2009年9月2日水曜日

政権「後退」にはならない交代を。

 何日かぶりの更新ですね、jr.です。

 衆議院議員選挙の結果は、皆さん御承知の通りでございます。
予測された結果とはいえ、予測を超えた民主党の勝利でした。
会社経営側の立場からすれば、これは正直えらい結果になった
と言わざるを得ません。翻って、弱者の立場を尊重するという民
主党ですから、労働者の側からすれば喜ばしいのかもしれません。
 が、現在進行形の事業見直しなどから、改革の着手に乗り出す
といわれているので、結局のところ巡ってくるのは景気の先行き
不透明さが一段と深まったということになるのではないかと、戦々
恐々です。そうなれば、せっかく持ち直しの兆しが見えてきた景気
が後退し、ひいては雇用不安を招くことになるのではと思われます。
 まあ、まだ政権交代したからといってすぐに変化するものでもない
ので、これからの民主党の出方をじっくりと見るしかないでしょう。
生活第一をうたうならば、しかし早めの特効薬を打たないことには
間違いなく目の前に、不況の第三波はきているので、指標を早く
示してもらいたいものです。
 
 うちの不況は、もうとっくに来ていますのでこれ以上の我慢は
避けたいものです。。